イマークSに副作用はあるの?

イマークSは、薬ではありませんので、基本的に副作用の心配をする必要はありません。イマークSを飲んで、体調が悪くなるかもという心配をしている方には、先に知っておいた方が良いことがいくつかあります。

 

イマークSの中に多く入っているのは、EPAやDHAです。これらは魚に多く含まれている成分で血をサラサラにしてくれます。血がサラサラになるということは、もし出血をした時に血が止まりにくくなる恐れがあります。

 

 

これが副作用と言うかどうかは微妙なところなのですが、念のため知っておいた方が良いのではないでしょうか。

 

アレルギーのある方も注意をした方がいいでしょう。それに今、何か別の薬を飲んでいる人に関しては、イマークSの成分をお医者さんに見せ一度相談をした方がいいと思います。

 

イマークS 10本お試しセット

ニッスイのイマークSは、中性脂肪を低下させる作用が認められたまろやかなヨーグルト風味のドリンクです。多くの方がこのイマークSを愛用しています。早くも売上本数は3,000万本を突破しています。

 

イマークSには、EPA600mgとDHA260mgが含まれています。イワシやサバと言った青魚に多く含まれているEPAやDHAを効率的に摂取することで、血中の中性脂肪を低下させてくれるのです。

 

1日に1本このイマークSを4〜12週間飲み続けると血中中性脂肪値が約20%低下したというデータがあります。健康診断で中性脂肪が多いという結果が出た方は、まずはお試し10本セットから始めてみてはいかがでしょうか。

 

通販限定の10本お試しセットが今なら特別価格で申し込みをすることができますよ。まずは詳細の確認をしてください。

 

 

イマークSの公式サイトはこちら!

↓ ↓ ↓

 

 

この前の会社の健康診断で血液中の中性脂肪の値が高く、中等度高中性脂肪血症ということなんですよね。中性脂肪(TG)の値が高いと糖尿病や肝障害の可能性があるみたいなんです。このままの状態が続くと、悪玉のLDLコレステロールを増やしてしまい、動脈硬化とか脳卒中や心臓病の可能性が高まってしまうみたいなんですよ。これは正直言ってちょっとやばい状態です。

 

この原因は食生活だと思いますね。お酒も好きだし、食べるのも好きだし、特に焼肉とビールその後にラーメンというようなコースが大好きなので、そりゃ太るし、中性脂肪の値も高くなっちゃうのはしょうがないですよね。ちなみに中性脂肪(TG)の値は528mg/dlでした。健康診断の時のお医者さんからは、禁酒が必要だし、食事制限と運動も必要ということなんです。

 

ただ、仕事が忙しいので運動してる時間もないし、食事の時間も不規則になっちゃうし、正直言って今のままではどうしようもありません。

 

そこでなんとかいい方法はないかといろいろと探していたのですが、そんなときに会社の同僚も同じように中性脂肪の値でひっかかり、それ以来イマークSを飲み始めたということなんです。そのときに初めてイマークSを知ったのです。イマークSを飲むだけで血中中性脂肪の値を20%の下げた例もあるらしく、忙しいサラリーマンには手軽に血中脂肪を下げる方法としては最適だと思ってます。

イマークSは、コンビニや薬局でで買えますか?

イマークSはコンビニで売っているような印象があるのですが、実際は、ネット通販専用の商品ですので、コンビニでは売っていません。薬局でも売っていません。

 

イマークSはどんな味がします?

イマークSを飲んでみるとヨーグルト風味の爽やかな味がします。ドンンクとしても普通においしいのですよ。朝食時に飲むようにすれば忘れることなく続けることができるのではないでしょうか。

 

イマークSの成分は?

エイコサペンタエン酸(EPA) 600mg、ドコサヘキサエン酸(DHA) 260mgが含まれています。その他には、イマークS1本あたりに、脂質2.6g 炭水化物0.5g ナトリウム65mgが含まれています。

 

更新履歴
  • (2016/11/21)雑学1を更新しました